ホーム イブキクラフトホームページへ
サイトマップ
ホーム 新着情報 コンセプト 商品紹介 業務対応 お問い合せ
基本の入れ方
ストレートティー
紅茶を入れるときの少しの心づかいで最大限の魅力が
引き出さ れたお茶を味わえることができます。
少しでもおいしく入れられるよう、
まずは基本の入れ方をご紹介します。
ストレートティー
1
くみたての新鮮な水をしっかり沸騰させます。5円玉の泡がポコポ コと浮いてきたら、お湯が沸騰してきた証拠です。カップとポットを 別にお湯で温めておきます。やかんのお湯はそのまま1分ほど沸 騰させます。
2
茶葉の量はカップ1杯につき、ティースプーン1杯の割合。
細かい茶葉なら中盛り、大きな茶葉なら山盛り1杯です。
ポットの場合はカップ2杯分以上から入れるほうがうまく入ります。
(リーフバッグはカップに対して1個です。)
3
温めておいたポットの湯を捨て、茶葉(リーフバッグ)を入れます。ポットにカップ 2杯分の湯を一気に注ぐ。このとき、やかんのお湯が冷めないよう、 ポットはやかんのそばに持ってきておく。
4
蓋をして、2〜3分蒸らす。基本的に細かい茶葉の方が、早く抽 出されます。冬の寒い時や蒸らし時間が長い時はティーコージー をかぶせておくと冷めにくいです。
蒸らし時間が分からなくなってしまったら、茶葉を見てジャンピング が終わり静かな状態であればOK。陶器のポットは茶葉が大体沈ん でいたらOK。
5
蒸らし終わったら茶こしを使ってカップに注ぐ。
最後の一滴(ゴールデンドロップ)も残さずに。
この一滴においしさが含まれているそうで、これが入ると風味にしま りがでると言われています。
★ くみたての新鮮な水とは
 
くみたての水は空気をたっぷり含んでいます。それが紅茶に適した水です。 ですから、水道水で充分なのです。ボトルの天然水や沸かしおきのお湯はさけましょう。
★ ミネラルウォーターと水道水のちがい
それは水の性質です。紅茶をおいしくいれるための水の条件として、軟水であることも重要 です。軟水とは水中に含まれるカルシウムやマグネシウムの量が少ない水のことを言います。 その量が多いものを硬水と言います。日本の水は軟水ですから、水道水でよいのです。 一般的にミネラルウォーターは硬水が多いです。 ではなぜカルシウムが少ないほうがよいのか。 それは、紅茶(お茶全般)の旨味とされるタンニンが溶け出すのを拒むからです。旨味だ けではなく、きれいな水色や香りも失われてしまいます。
★ ジャンピングとは
お湯を注いだ時、ポットの中で茶葉がグルグルと回転することをいいます。それは温度と空 気のバランスが取れているときに起こります。 お湯の温度が低いと茶葉は上に浮いてしまいます。逆に沸かしすぎたお湯では空気が抜け ているので茶葉は沈んでしまい、おいしいエキスを出しきることができません。 また、お湯を注ぐときは勢いよく注ぐことを忘れないでください。最高条件の状態でもジャン ピングが弱くなってしまいます。
ページトップへ
www.ashbys-i.com
Ashby's is a trademark of Keith Spaicer Ltd. UK.
©2006 ibuki craft co.,ltd.
プライバシーポリシー